白鳥は死の前に歓喜の歌を唄う

Q.やがて自分にも死が降りかかると悟ったのは、いつ頃ですか。

フランシス・ベイコン-一七のときです。

はっきり覚えています。舗装道路に犬の糞があって、

それを見ているうちに突然思ったのです。

これだ、人生とはこういうものだ、と。

おかしなことですが、それから数カ月間悩みました。

そして、言ってみれば、事実を受け入れたのです。

自分は今ここにいるけど、存在しているのはほんの一瞬であって、

壁にとまっている蠅のようにたちまちはたかれてしまうのだ、という事実をです。

(フランシス・ベイコン・インタヴュー)

 

f:id:yunhon:20190124032423j:image